女優の水野真紀さん、52歳で保育士試験に合格|8月15日・22日公式ブログ

  • URLをコピーしました!
水野真紀さん公式ブログトップページ
水野真紀オフィシャルブログより

女優で後藤田正純衆議院議員夫人の水野真紀さん(本名:後藤田由紀が52歳で保育士試験に合格しました。

ご自身のブログで2022年8月15日に発表しました。

以下同ブログより転載。

齢52歳、
保育士試験に合格致しました。

幼稚園教諭免許取得のための学びと
重なるところが多々ありましたので、
まっさらな状態から
勉強された方に比べると
随分楽をさせて頂いたような
気が致します。

幼稚園教諭免許を持っておりますと
実技試験が免除されるんだYO
※他にも免許科目アリ

申し込みから試験日までの間

「52年生きてきたけど
ワタクシという人間は
大した成長はしていないのでは⁉️」

と何度思ったことでしょう。

そんなことも含めて
来週から
保育士試験合格に至るまでの
珍道中?
道のりを
記してみたいと思います。

そんなに
カッコ良いモンではございませんが
何かの参考になれば、、、。

本日8月15日は”終戦の日”
過去から学ぶことの大切さを
しみじみ感じる”お年頃”です。

出典:水野真紀オフィシャルブログ

合格通知
水野真紀オフィシャルブログより

水野さんは「人生後半戦の保湿剤」とのタイトルでブログを更新。

試験の申し込みから試験日にかけて「『52年生きてきたけどワタクシという人間は大した成長はしていないのでは!?』と何度思ったことでしょう」と当時の心境を述懐しています。

「そんなことも含めて来週から保育士試験合格に至るまでの珍道中?道のりを記してみたいと思います。そんなにカッコ良いモンではございませんが何かの参考になれば…」と合格までの道のりをつづっていくことを明かしました。

女優さんは、8月15日、自身の公式ブログを更新し、《さて。齢52歳、保育士試験に合格致しました》と報告しました。

公式ブログでは、既に幼稚園教諭免許は取得済みで、音楽や造形、言語に関する実技試験が免除されたことを明かしました。

また、「申し込みから試験日までの間『52年生きてきたけどワタクシという人間は大した成長はしていないのでは!?』と何度思ったことでしょう。」と、その心情も綴っています。

水野さんは、東洋英和女学院短大卒。48歳だった2018年4月に、聖心女子大の教育学科2年に編入学。4年次に教育実習をおこない、2021年4月に卒業した際は、幼稚園教諭一種の免許を取得していました。

ブログでは、合格通知の画像をアップし、《幼稚園教諭免許取得のための学びと重なるところが多々ありましたので、まっさらな状態から勉強された方に比べると随分楽をさせて頂いたような気が致します。幼稚園教諭免許を持っておりますと実技試験が免除されるんだYO!》と報告。

水野さんは、2022年7月27日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、30年ぶりの大学生活と、幼稚園教諭一種の免許を取得したことについて語っていました。

幼稚園での教育実習では、「実習日誌」を書くことがたいへんで「家に帰って(家事などが)ひととおり終わった夜に書き出すので、睡眠時間は平均3時間、切ってた」と、美しい文字で手書きされた日誌も披露していました。

さらに当時、月に4回、ボランティアで幼稚園へ手伝いに行っており「人の成長過程を見るのって楽しい。先々は、働くお母さんのお手伝いになるようなことができたらいいな、と考えています」と、保育士試験も受験して、結果待ちだと話していました。

そして今回、みごとに保育士試験に合格!ネット上では数々の称賛の声があがりました。

水野さんは、2004年に後藤田正純衆議院議員と結婚し、翌年に長男を出産しています。

後藤田正純衆議院議員
後藤田正純衆議院議員(53歳)

水野さんは編入学に際し、「大変なのは覚悟のうえ。朝は息子の弁当を作り、講義の空き時間に夕飯を考える」と語っていました。

【目次】タップで飛べます!

ブログ更新「保育士試験への道」

続けて8月22日には「保育士試験への道 序章」と題して公式ブログを更新。

保育士試験への道 序章

「女優的養生訓」

皆さま、この週末は

いかがお過ごしでしたか。

コメント欄へのご投稿、

ありがとうございました。

同世代資格チャレンジ組の方からも

コメント頂き、

“まだまだやれることあるぞ🔥”

と細胞が活性化された感がございます。

さて、予告?告知?通り

今週から

『保育士資格への道』

のタイトルで

資格取得までの道のりを

つらつら綴って参ります。

「しょーもない」

内容です😅

どうぞお付き合い下さいませ。

序章

2020年の2月、

異国発の感染症について

まだ大きな危機感を

抱いていなかった頃でした。

編入した大学の

三年次後期試験が終わり、

同級生が羽を伸ばしているであろう

その時期に、

ワタクシは再びキャンパス通いを

続けておりました。

何のために?

“保育士対策講座”を

受けるために。

ワタクシが編入した学年の一つ下から

我が大学でも

保育士資格が取れるようになりました。

しかし、当時、

ワタクシの学年の

幼稚園免許取得者が、

保育士資格を得るには、

①幼稚園で一定の勤務経験を積み、保育士養成施設において特例教科目8単位を修得。←この場合、保育士試験は全科目免除(詳しくは厚生労働省HPで) 

②保育士試験を受ける。

この二択(ざっくり)。

保育士資格は

幼稚園教諭免許の学びと

重なるところが多い、と

学校の先生が

おっしゃっていました。

資格を取っても、

一般企業に就職する学生さんが

一定数いるのが現状です。

また、幼稚園免教諭免許と

保育士資格を併せ持つことで

働き方が広がります。

なので、就職して忙しくなる前に

保育士試験を受けるのも

一案だ、と。

そんな学生のためにか、

また、在学中に

資格は取っておいた方が良い

という時流に乗ってか、

大学主催の

「保育士試験対策講座」

なるものが開催されていたのです。

恐らく、

大学側の補助があったのでしょう。

それはそれは

格安な受講料でございました。

受講初日

指定教室にいたのは

ワタクシを含めて3名。

聞けば、皆、他学科学生。

見れば、皆(ワタクシを除く)、

うら若き乙女。

自力で保育士試験を受けたものの

今一つはかどらないので

受講する女子もおりました。

後から聞いたのですが、

ワタクシの下の学年から

保育士資格が取れること、

また、

ワタクシの学年は

就職活動を控えていることもあり、

受講人数が激減してしまったようです。

教壇の前に立つのは

人生の荒波を

幾波も潜って来たであろう

恐らくワタクシよりも

少し上の”お姉様”

とってもfriendlyで

これから始める講座が

決して堅苦しいものではないことを

予想させてくれました。

そして、

その先生がワタクシ共に

配布したものは

数々の教本でございました。

もちろん、

中は文字やら表で

ビッチリ埋め尽くされております。

そして

先生がおっしゃいました。

「これから始める授業は

ほんのエッセンスに過ぎません」

またまたLINE絵文字の登場です。

んー、とんでもない世界に

来てしまったのかしら⁉️

まー、受講料納めちゃったし。

とりあえず、前進、するしかない。

来週に続く‼️

🔥

最後までお読み下さり

ありがとうございました。

今日から始まる一週間が

貴方にとって

素敵なものになりますように。

またね!

出典:水野真紀公式ブログ

【目次】タップで飛べます!