違反だとTwitterで批判された保育士実技試験「音楽」の録音は不正行為なのか?

ある人が保育士実技試験「音楽」で録音したことをツイートしたところ、そのことを違反行為と批判され、投稿者がその投稿を削除したことがTwitterで話題になった。

筆者は、元の投稿を見ていないので、微妙な部分については言及できないが、できる範囲内で検証してみたい。

目次

批判のツイート

まずは、批判のツイートから。

2つの疑問点

保養協が実技試験当日配布した「実技試験にあたっての諸注意」

上のツイートにあるように、投稿者は、名前もアイコンも変えて鍵垢(非公開)にしてしまったようだ。

だから元の投稿が分からないので、判断するのは難しいが、筆者が疑問に思ったことは、次の2点。

  1. 録音が何によってなされたのかということ。
  2. 保養協が掲げている「注意事項」に録音禁止が記載されているのか。

については、録音機器はスマホなのかボイスレコーダーなのか元の投稿が見られなかったので分からない。

については、保養協が実技試験当日配布した「実技試験にあたっての諸注意」を見てみた。

この件に該当すると思われる「注意事項」は、「受験中、携帯電話等の通信機器の電源は切ること。携帯電話等の通信機器を受験中に使用することは不正行為とみなされる」の部分だ。

携帯電話での録音ならアウト

つまり、スマホなら「携帯電話等の通信機器を受験中に使用することは不正行為とみなされる」のだから完全にアウト。

しかし、通信機能のないボイスレコーダーなら現時点では違反には相当しないように思える。

「注意事項」に、音楽実技を録音してはいけないという記述も見つけられなかったからだ。

保養協に確かめるしかないが、

さて、あなたは、どう思いますか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる