[履歴書と面接]志望動機、アピールポイント、退職理由の書き方まとめ方、注意点、面接の服装は?[保育士転職]

  • URLをコピーしました!

転職する保育園を求人サイトで探し、いよいよ面接ですが、

まず立ち塞がる壁は「履歴書」。

経歴や職歴は過去の事実を書くだけだから単純作業です、

問題は、「志望動機」、前職の「退職理由」、「アピールポイント」などをどう書く(話す)か。

それらのポイントを解説します(文章例は掲載しません)。

この記事を読むと次のことが分かります。

  • 志望動機とは?
  • 志望動機の書き方、まとめ方
  • 退職理由の書き方のポイント
  • 自己アピールポイントのまとめ方
  • 履歴書や面接の注意点
  • 面接での服装
【目次】タップで飛べます!

志望動機とは?

志望動機とは、自分がその保育園に応募する理由です。

数ある保育園から選んで面接を受けるわけですから、何かしら心に響く部分があるはずです。

言い換えれば、その園のどういうところに魅力を感じたのかということです。

採用担当者の側の気持ちになって、考えてみましょう。

採用側は志望動機で何を知りたいのか

なぜ、採用側は、応募者に対して志望動機を求めるのでしょうか。

  • 園への熱意がある人を採用したい
  • 園が求める人材と応募者の考えが一致している人を採用したい
  • 採用後、園で長く有用な保育士として働いてくれる人を採用したい  

つまり、採用担当者は志望動機を通して、応募者の熱意やな将来、園に貢献してくれる人材であるかどうかを見たいわけです。

志望動機の書き方、まとめ方

応募する保育園のホームページや求人情報などをよく読み、自分が共鳴した点を書き出しましょう。

そして、書き出した内容と自分の経験や人生観と結びつけて、説得力を持たせましょう。

また、園に入職したらどのような点で貢献できるかを具体的に表現しましょう。

保育士になろうと思った初心を思い出し、どんな保育士を目指すのかもあらためて考えましょう。

保育士を目指した理由として、「子どもが好きだから」だけではありきたり過ぎます。

また、子どもが好きというだけでは、責任ある保育士は務まりません。

その他にも、志望動機を書く(話す)うえで以下のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 自分なりの経験談やエピソードを盛り込む
  • 体力に自信がある、責任感が強いなどを具体的なエピソードとともに伝える

転職の場合、退職理由はポジティブに

転職の場合、前職の退職理由がネガティブなのは印象が悪いので、できるだけポジティブな内容にしましょう。

採用担当者の側に立って考えてみましょう。

前の職場の悪口を言う人を採用したいと思いますか?

そういう人は今度は自分の園の悪口を言うに違いないと採用担当者は思うはずです。

自分のアピールポイントをまとめる

保育園で働くうえでアピールできるポイントを考えてみましょう。

あなたは、次の項目のうち、どのくらいが当てはまりますか。

  • 元気の良さ
  • 笑顔を絶やさない
  • 人柄の良さ、明るさ
  • やる気と体力
  • 保育に対する情熱
  • お話、お絵描き、ピアノ演奏の能力
  • 他の保育士や子どもの親との協調性やコミュニケーション能力
  • 気配り
  • 責任感の強さ
  • 子どもたちへの愛情の豊かさ

自分の長所を拾い出し、厚かましい印象を持たれないよう、さり気なくアピールしましょう。

履歴書や面接の注意点

履歴書の記入例や面接での返答例がネット上には溢れていますが、それを丸写しにするのはおすすめしません。

つたなくても良いので、自分の言葉で書き(話し)ましょう。

そうでないと、自分の良さや適性が採用担当者に正しく伝わりません。

どうしてもオリジナルが書けない人は、テンプレートを下敷きにして、自分流に変更してみると良いと思います。

また、給与など金銭の話は、履歴書でも面接でも出来るだけ自分から言わないようにしましょう。

求人欄を読めば分かる事を聞く必要はありませんし、そこを強調すると採用担当者に悪印象を与えてしまいます。

求人欄に書かれていない事を聞くのは構いません。

まともな園であれば、向こうから待遇の話をしてくれるはずです。

履歴書は手書きが良いのかパソコンのプリントでも良いのかという問題ですが、

採用側から手書きという条件を付けられない限り、プリントで構いません。

美しい文字をアピールしたい場合は別ですが…。

面接の服装は?

求人エージェントによっては、スーツを求めたりしますが、保育士の場合、オフィスワークではなく、汚れる仕事ですから、採用側はそこまでは求めていません。

ただ、第一印象は良いに越したことはありませんから、小綺麗な清潔感のある服装を心掛ける必要はあると思います。

まとめ

履歴書や面接で、意外と多くの人が頭を抱えるのが、「志望動機」。

まず採用担当者が「志望動機」を通じて何が知りたいのかを考えてみましょう。

  • 園への熱意がある人を採用したい
  • 園が求める人材と応募者の考えが一致している人を採用したい
  • 採用後、園で長く有用な保育士として働いてくれる人を採用したい  

応募する保育園のホームページや求人情報などをよく読み、自分が共鳴した点を書き出します。

そして、書き出した内容と自分の経験や人生観と結びつけて、説得力を持たせ、

園に入職したらどのような点で貢献できるかを具体的に表現しましょう。

「退職理由」「アピールポイント」は、とにかくポジティブな表現を心がけましょう。

履歴書の「志望動機」などの記入例がネット上には溢れていますが、それを丸写しにするのはおすすめしません。

つたなくても良いので、自分の言葉で書きましょう。

最後に心配なのは面接での服装について。

求人エージェントはスーツ姿を求めたりしますが、保育士の場合オフィスワークではなく、汚れる仕事ですから、採用側はそこまでは求めていません。

ただ、第一印象は良いに越したことはありませんから、清潔感のある服装を心掛ける必要はあるでしょう。

関連コンテンツ

コードをコピー
目次
ページトップ
【目次】タップで飛べます!
閉じる