本年「地域限定保育士試験」2021年8月に実施と神奈川県が発表

昨年に引き続き、年2回実施されている全国共通の保育士試験に加え、年3回目となる県独自の「地域限定保育士試験」を実施する予定だと神奈川県が発表しました。

地域限定保育士と通常の保育士との違いについては、地域限定保育士とは? 通常の保育士との違いは? 試験はどう違うの?をお読みください。

日程は以下のとおり。

  • 筆記試験 :令和3年(2021年)8月14日(土曜日)、15日(日曜日)
  • 実技講習会:令和3年(2021年)10月から11月(この期間に5日間程度)

県独自地域限定保育士試験では、筆記試験の全科目を合格した者に対し、実技試験に代えて「実技講習会」を実施します。

受験申請の方法

※県独自地域限定保育士試験の「受験申請の手引き」の郵送請求方法や受験申請の方法等、詳細については4月初旬に県のホームページで発表する予定です。

※「受験申請の手引き」の郵送請求期間は、
令和3年4月6日(火曜日)から4月20日(火曜日)
を予定。※県庁等における「受験申請の手引き」の配布はいたしません

\申請方法が発表されました/

【関連記事】2021年、神奈川県地域限定保育士試験 日程、申し込み方法>>>

目次

アドバイス チャンス増!

通常の保育士試験が4月17日・18日に行われます。自己採点で合格点に届かないと判断したら急遽この「神奈川県独自地域限定保育士試験」に申し込めば、チャンスが増え、合格をか勝ち取ることができるかもしれません。

通常の保育士試験との違いについては、地域限定保育士とは? 通常の保育士との違いは? 試験はどう違うの?をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる